What'市民連合

市民連合横浜結成準備会

市民連合橫浜ミナカナ(略称 市民連合橫浜) 設立趣意書

  安倍政権が、昨年9月に多数の学者や市民が違憲と指摘する安保関連法の強行採決を行い、更に自民党の一強多弱の政治状況に乗じて、今夏の参院選で3分の2以上の議席を奪取して改憲を行おうとしています。
 
このように立憲主義を無視して民主主義を破壊する、また戦後70年平和を維持してきた日本を再び戦争へと向かわせる安倍政権のやり方に対して、私たち横浜市民の有志が立ち上がり、来るべき国政選挙で自民・公明及びその他の改憲勢力の拡大にストップをかけ、私たちの権利を守り民主的な政治の実現を図るべく、ここに市民連合橫浜ミナカナ(以下市民連合橫浜)を設立いたします。
 
市民連合橫浜は、「安保関連法の廃止」「立憲主義の回復」「個人の自由と尊厳を擁護する政治の実現」を目標として、これらの目標を実現するに相応しいと考える候補者を選び、支援し、一人でも多く当選させるために、以下の行動を行っていきます。
 
①  神奈川県にとどまらず、各地域で上記目標の為に活動するあらゆる個人・団体をつなぎ、相互に情報を共有し、連携の輪を広めていきます。
②  野党の共闘を強く後押しして、自民・公明などの改憲勢力の拡大を阻止します。
③  「1票の権利の行使」の意味と威力を市民に幅広く訴え、投票率の向上を図ります。
 
上記の行動に際して、市民連合橫浜は、各人の思想、信条、信仰、職業及び党派の違いを問わず、それぞれが自立した活動を行いながら、互いの違いを認め合い、互いの意思を尊重し、対等に議論し、共通の目的の為に協力することを当会の行動指針とします。

  

市民連合横浜ミナカナ 
事務局長 小川 道雄
電話 090-1558-3339